お先は真っ暗。ハンピは最高。

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

【75日目】
朝起きてバスターミナルに行くと、ハンピ近くの町・ホスペット行きのバスがちょうど出発五分前(^ω^)
8:40頃、ビジャープルを出発。
4時間半後、ホスペットに到着。
ホスペットのバスターミナル、またまたハンピ行きのバスがちょうど出発寸前!
そこから20分ほどで、ハンピに到着!


ハ ン ピ
なんだここ!!
みんながオススメする意味がやっと分かった。
映画のセットのような いかつい岩と、立派なお寺。
ゆるーい川と、南国気分満開な木々。
荒いようで、すごくのどか。すごくイイ。

が、私は、自分が大きな問題を抱えていることを忘れてはならない。
パスポート紛失。
いや、Lost じゃなくて Forgot しただけだもーん!
「ハンピで泊まる予定の宿に送って!」と、地球の歩き方に載ってた宿のアドレスをテキトーに教えた私。
それが、Gopi Guest House。
早速、ゴピゲストハウスまで行き、事情を説明すると、
パスポートがあるアウランガーバードのデヴプリアホテルに電話してくれた。
が、デヴプリア。 (以下、デヴィル)
「まだ発送してない。」
 →昨日発送するって言ったじゃないかあああ!
「君の電話番号を聞いたじゃないか!」
 →電話使えないって言ったじゃないかあああ!
昨日、ハンピの宿のアドレスをしっかり伝えたのに、デヴィルはまだ何もやってない様子。
そして。 絶望の中に押し込まれた最中、ゴピゲストハウスまで
「 まだ発送してない?じゃあどこのホテルにするんだ?!あ?!
パスポートをうちに届けたいなら、うちに連泊してけ!」 とうるさい。
そりゃあ、パスポートを届けさせてくれるなら、もちろんそのつもりだったさ・・・だけどさ、
こんな健気な少女(もうすぐ社会人)がパスポート無くして絶望してる時に、よくガッつけますね(^O^)
しかし、それがインド。
行った人は分かると思うけど、
困ってれば困ってるほど、商売人はそれに追い打ちをかけるのだ!
どーーーーーーん
ふん!もう、知らない!
ディーウで会ってアウランガーバードで再会した韓国人情報によると、川を渡った側のエリアのほうが宿が安いらしいので、川を渡る。
その名もヴィルーパプール・ガッティ。
トゥンガバドラー川の向こう。
渡し船は、10ルピー。この距離でこのインドでこの値段、ハンピにどれだけ現地人が少ないか伺えますな。
(バックパックがある時は、プラス5ルピー)

川を渡った先・・・ヴィルーパプール・ガッティ。
ひたすら南国の木々と、田んぼ・・・
めちゃくちゃのどか!!
すごく良い(^O^)
宿を探すも、どこもフルフルフルフル。
1月は特にシーズンらしい。。
そして、このエリアの宿は、みんなコテージタイプ。
雰囲気は良いけど、清潔さは普通のタイプより劣るかも(^^;
結局、400ルピーのコテージに妥協。
嫌味なことに、Gopi‘s GHという名前wwwww

こちらには、のんびりとした雰囲気の良いレストランが沢山あります。
が、どこも まあ高い。
そう、やっぱりハンピはほぼ外国人しかいないのです!
一応世界遺産なんだけどね、やっぱり「宮殿」とか「砦」とかじゃないと、インド人観光客は来ないのね(笑)

【宿メモ】
Gopi’s Guest House
シングル 400ルピー(680円)
どこもフルだったので、仕方なく・・・
部屋がすごく狭いので、あんまりオススメしません。。
ちなみにハンピでは蚊避けが必須。
スタッフはわりと良い人たちなので、パスポートうんぬんは任せられました!
問題はあのホテル。いつ発送してくれるのやら。。


お先は真っ暗。
が、皮肉なことに?幸いなことに?
ハンピは最高です。

更新遅れてすみません。。 これからは、毎日更新していく予定です♪
応援よろしくお願いします♪ → 女一人旅ブログ