ここは北インドでも南インドでもない、西インド。

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!


【72日目】
朝食を食べに昨日のホテルのレストランへ行くと、やっぱりホンと再会。
今日の午後、ハンピ行きのバスに乗るとか。
バイバイしてもしても再会するから、なんかもういつ真剣にさよなら言っていいやら(笑)
ディーウ初日に会った韓国人の一人とも再会!
ディーウからゴアへ旅立った例の日本人は、まだまだゴアで沈没してるとか(笑)
もう二週間以上経ってるのに・・・!(笑)


10時頃、昨日申し込んでおいたツアー開始。
(300Rsで、アウランガバードとエローラの見所を周ってくれるので便利!)
最初は、アウランガバードの最大の見所・ミニタージマハールこと、ビービー・カ・マクバラーへ。
ベイビィタージマハールって言ってて気に入ったわ)


インド人観光客でにぎわってます。
それにしても、若いやつらの
「Hello~~~ヒュ~~~チャイナ~~」
が多いこと。遠くから勝手に写メってくるし。
北ほどアジア系観光客がいない西インド、
南ほど評判が良いわけではない西インド、
ほんと、若い奴らのうざさ半端ないです(_ _ )


タージマハルをモデルにして設計したものの、費用が足りず、ドーム部分と一部のみ大理石が使用されたという、なんだか悲しいベイビータージマハル。
が、予想以上に、綺麗で、繊細な造りでした。
「タージマハルのおまけ」 にしては、
勿体無い感じもする。そんなところ!


そして、こちらもなかなかの見所。
ダウラターバード砦
11世紀頃に建設された城塞。
エローラやアジェンダーが有名すぎて、こちらは人気爆発観光地って感じではないけど、規模はかなり大きく、中世の雰囲気がたっぷりです。

前にいたインド人のおばちゃんのチケットと、私のチケット、こっそり2ショット★
インドどこでもそうだけど、
(むしろインド以外もアジアはそうだけど)
アウランガバード、ダウラターバード、エローラの外国人・インド人の入場料格差は、なかなかすごいものがあります。


うん・・・ナチュラルでいいね。ひええ


横見れば、インド人。

見上げれば、コウモリ。

見下ろせば、大自然。


さてさて、本日のメインであります、
エローラ遺跡でございます!!
『 5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や修道院 (あるいは僧院、僧坊) などから構成されている。 』
そう、三種の宗教色が見られる遺跡なんです。


メインとなる、ヒンドゥー教石窟。
沢山の大きな彫刻が並べられていて、とてもエキゾチックな雰囲気。
それにしても、
胸大きすぎじゃない?
・・・エローラだものね。

外側は、わりとざっくりとした彫刻が多いものの(保存状態なんかもあるしね)
遺跡の中の壁には、ちょこちょこ繊細で美しい彫刻が彫られています。


エローラで、日本人のおばちゃんたちに遭遇!
日本からツアーで来たとか。
お母さん(よりは若いだろうが)世代と会うことってなかなか無いから、テンション上がるわあ。
ホームシックになるわあ。笑
「日本食が恋しくって・・・」って言ったら、甘梅干しとようかんくれた\(^o^)/わーい
梅干し美味しすぎた(;_;)

そして、ツアーが一緒の ダッサイ ロシア人男性 を、
彼氏と間違えられる。
「 いや、違いますよ~。もう嫌だあ☆ 違いますって。まじで。


いやあ~ それにしても、
今日はお金が嵩んだわ~

帰ってくると、、
いつものレストランで、ホンとその友達が食事しておる!
「え~ハンピ行くんじゃなかったの?」
「ハンピはやめた。もう行かない。一生行かない。」
・・・何があったの??

帰り、「危ないからリキシャー使いな。」という2人の忠告を無視して、自分のホテルまでのろのろ歩いていると・・・
フラフラしたインド人のおっさんが目の前に現れる。
そして、目が合った瞬間、ついてくる!!!!
まるでマイケルジャクソンのスリラーに出てくるゾンビみたいに、のろのろフラフラしながらでもしっかりと私の方へついてくる。

怖くて、すぐにリキシャー捕まえて乗り込むものの、
そのリキシャーもリキシャーで 「40Rsよこせ!!」 (相場の二倍)
・・・うむ。
西インド、あんま良い思いしてません・・・ (_ _ )



でも、負けない。 → 女一人旅ブログ