はじめてのヒッチハイク

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!


【松賛林寺】(しょうさんりんじ)/ソンツェリン・ゴンパ
17世紀に造られた、雲南省最大のチベット仏教寺院

(12日目)
大好きなルーフトップエリア。
シャングリラ極寒なんだけど、日差しが強くて、
ここにいると暖かくて寝てしまいそう。
今日は雲一つない空。
わあい(=゚ω゚)
そういやね、私、思っくそスノボ行くみたいな格好してる(^ω^)笑
この鹿柄のフリースね、麗江で会った二人組に貰ったのーーー(=゚ω゚)?
35元のダウンでもしぶってたOさんと私、なんと100元もするイトーヨーカドープライベートブランドのフリース上下セットをいただいたのです!
助かった?。本当にありがたい。
これが無かったらシャングリラで凍死してたわ。

チベタンジジババは、今日も味がある。


てかね、ここらへん、ヤクの鍋料理しかないの(^ω^)
そんな鍋ばっかり食べないわ(^ω^)!
なので、朝ごはんは、ちょっとリッチに超洒落たカフェでウェスタンフード。
バナナパンケーキ(クレープじゃん)
美味でございました(^ω^)?



午後、【松賛林寺景区】へ。
古城を出てすぐのバス停から3路バスでチケットオフィスへ。
学生75元、一般115元
(シャトルバス代込み)
高っ(^ω^)!
シャングリラ、パサパサだよ~

おーーーーーーーーーー!
とてつもなく神々しい画(^ω^)
ちなみに、寺にいるチベタンはイケメンばっかりだぜ◎

20世紀、文化大革命で壊されたこの寺は、現在再建中。なので、ところどころその痕が。
ひとやすみ。(ぶりぶり)

ばあばが歩く。

子供も歩く。

お坊さんも歩く。

ブタも歩く。


山に囲まれたシャングリラの湖 【ナパ海】へ。
タクシーで行ったら、すげえ変なところで降ろされて、
「これ以上周るなら、プラス40元ね。」
てめええええええええ(^ω^)

Oさんも私も負けず嫌いなので、
「じゃあいいし!降ろしやがれ!
くそ!お前なんか大嫌いだー!(バンッ)」
 (何も伝わってない)
まったく、いつも最低非道な人民たちのせいで、中国の広大偉大な遺産も台無しになるんだ。
中国を旅するなら、中国語で「うんこ!ハゲろ!もげろ!日本の中華料理まじ旨いからな!!!ばーかばーか!」でも言えるようにするべきだな、うん。
自分達のプライドを守って降りたものの、
さて、どうするべ(^ω^)
市内まで歩きはちょっと無理な距離(^ω^)
麗江で会った二人組が「シャングリラは優しい人が多いんで、ヒッチハイクで乗せてくれると思いますよ。」って言ってたのを思い出して、
人生初のヒッチハイク挑戦。

そんな上手くいくのかな。シカトされそう。ドキドキ。

いや、まず、車が通らねえ(^ω^)
15分くらい、こんな道をトボトボ歩く。
ちょうど日陰で、寒くて死にそう。
すると、後ろから車が・・・!
これはチャンス!手を横に掲げてみる。
そんなんじゃ止まってくれなさそうだから、むしろ道路の真ん中に立ってみる。

止まってくれた。
いや、止まるしかなかったんだと思う。
(そうしてくれなきゃ あたしがひかれ死ぬ)


中には、50代くらいのご夫婦が。
地球の歩き方のマップを見せて、市内を指してみる。
「お願いします」ジェスチャー。
「乗れ乗れ」ジェスチャー。
めっちゃ優しいいいいいヽ(;▽;)ノ
ご夫妻はわりと富裕層なのか、ホンダの高そうな車で市内まで連れてってくれました。

すげえムカつく奴もいれば、すげえ良い人もいる。
日本でも海外でもどこでも少なからずそうなんだけど、
経験上、中国・南アジアは特にそれ。そんな気がする。


ごはん。
シャングリラ最終日の夜はヤク鍋を食べようって、ずっと前からOさんと言ってたのさ (^-^)/
宿の近くにある、いつも大人気の鍋料理屋さん。
人超多い!!!!
ヤク鍋?♪♪

具材は、白菜、トマト、椎茸をチョイス。


グツグツ煮え立ったら・・・


野菜たっぷりあつあつヤク鍋の完成だぜい?(=゚ω゚)ノ★
んまんま?(^ω^)?


シャングリラ、短かったけどサヨウナラ。
当初一番期待してただけにシャングリラの残念感は否めないけど、
チベット文化を覗ける、大理と麗江とは全く違った文化圏ではあるので、
ぜひぜひ雲南省北西観光エリアの一つとして周ってほしいと思います(=゚ω゚)ノ
(ただ、標高3000m以上あるので、高山病に注意です。)


ブログランキングに参加しています。
より沢山の人に見てもらえると、旅もブログもやる気が出ます**
良かったら是非クリックお願いします♪ → 女一人旅ブログ