タイムスリップ・コルカタ

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

【32日目】 宿を出て、すっかり元気になったあきょちゃん(笑)
ダージリンへの夜行列車までの間、バテない程度に(笑)コルカタを観光します(=゚ω゚)ノ
一番の目的は、【ナコーダ・マスジット】っていうコルカタ最大のモスク?
やっぱりインドでもイスラム世界に興味深々。
イスラム建築・装飾に、グッとくる女子は多いと思うんだけど、あたしだけなのかしら。
← サダルストリートすぐの教会が子供の施設みたいになってた。子供は無条件に(顔も性格も)可愛いインド。なんでこんなに可愛い子があんな(略)
ナコーダ・マスジットまでは、地下鉄使いました!(写真×)都会っぷりを見せ付けられるコルカタ。
インドでは、ヒンドゥー教信者が82%、イスラム教が11.6%。インドの人口が12億人、約1400万人のイスラム教徒がいることになるので、結構な人数。

駅を出て、ちょっと歩くと・・・
汚い。
ちょう汚い。
すごく、インドだ。
インドで一番ワクワクハラハラする時、
それは、安宿街を出て、見知らぬ小汚い通りをさまよってる時。だと思う。



【ナコーダ・マスジット】
徒歩15分のところを、なななななんと!
40分で着いちゃいました~◎
うん、あきょちゃんにしては頑張った。
だってさ、ゴミゴミした通りの一角にあってさ、歩きながら空見上げてでもないと、見つからないよ!! 安宿街を離れて女一人インド人男性∞の道のりは大変ハラハラいたしました。





【注意】
コルカタ最大といっても、デリーにあるインド最大のモスク「ジャマー・マスジット」とは比べ物にならないくらい小さく、観光客もいないので、スカーフ貸出や靴入れは無いです。
女性はスカーフ要持参です!!
(私はマフラー無理矢理巻いて入った)

モスク近辺の通りは、ムスリムでいっぱい。
インドの中でもまた違った雰囲気を味わえます。
ただ、外国人女性はかなり目立ちます。。

大通りに出ると・・・
イギリス植民地時代の素敵な建物たちが現れた!
▽ とおりすぎる
▽ こわす
▼ みる

すごく変な感じがする。
まるで、タイムスリップしたみたい。
アジアで西洋文化が見られる町並みといえば、
開港時代の面影が強く残る場所 (横浜・神戸・天津・シンガポールとか)
植民地時代の面影が強く残る場所 (もうこれはホント色んな所見てきた)
色々見てきたけど、なんだかコルカタは特に 「変な感じ」 がする。
素敵な建物はあるけど、裏側はゴッタゴタ。
人は多くて、クラクションはうるさくて、ゴミは多くて、臭くて、汚い。
日本みたいに、道が綺麗に整えられたわけでも、人が綺麗な服を着るようになったわけでもなく、
ここにいるのは、未だに汚い服を着たインド人たち。
一部残る西洋色と街の汚さのギャップが、私にとって、本や映像で見る 「昔」 みたいに写ったのかも。
でも、今、コイツらインド人を支配しようとしたって、絶対無理な話だな。としみじみ。


サダルストリートの方へ戻って、公園へ。
早朝はヨガをやる人でいっぱいらしい。
先に公園行けば良かったなー!
公園は、限りなく大きく、先がモヤモヤ見えなくなるくらい。

サーティーワンがあったよおおおおお
インドでサーティーワンが食べれるなんて・・・
迷わず買う。ダブルで110ルピー。
早速の無駄遣い。
日本のと同じなのかってくらい、ビックリするくらい、美味しかった。(インドマジック)

夕方こラッシュ時だと、絶対にメーターで換算してくれないから、交渉しないといけないらしい。
10件くらいタクシー捕まえたけど、みんな150~200ルピーだと言ってきかない。結局、150ルピーでシアルダー駅へ。
150ルピーって、これから乗るダージリンまでの列車(三等寝台)の正規運賃・314ルピーの約半分じゃん!なんじゃそりゃヽ(;▽;)ノ

予想以上の渋滞で、40分くらいかかった(;_;)
インドは、予定よりかなり早めに出ないと死にます。
シアルダー駅、デリーの駅よりずっと広い!!
当然、人も多い。

三等寝台、外国人はいない様子。
二等よりもちょっと小汚い感じ。
でも、乗車してるインド人はまあそれなりのクラスの人たちなので安心(^^)
隣の席のお兄ちゃんとそのご家族がめっちゃ良くしてくれて、ママンお手製のロッティ&カレーなんていただいちゃって、すごく美味しかったの??ヽ(;▽;)ノ
その後も、車内販売のたびに、色々買ってくれ食べさせてくれ・・・

変なスナックごはん。
(カレー風味)
お米みたいな形したスナックと、香辛料をいくつか混ぜたもの。
メインのお米風スナックは、日本のニンジン型のパッケージに入ってる駄菓子のやつと一緒だった。(分かって!)
これ、みんな食べてて笑った。



ソンハプリっていうお菓子。
麺風の綿あめみたいな感じ。
正直、なんかきもかった。

ご家族のお兄ちゃんとそのまたお兄ちゃんと、寝るまでずーっと雑談。
前回の列車旅も、周りのインド人がすごく優しくしてくれたので、インドの列車は本当に好き!
(いまのところ)
そして、どんどん北へ移動していく列車。
深夜は寒過ぎて眠れませんでした(^ω^)
三等列車は、なんと言いますか、非常に開放感があるので、外で寝てるのと一緒だからね。
三日連続睡眠不足はこたえるぜ・・・!
明日、無事にダージリンへ着けるのでしょうか。乞うご期待。

ブログランキングに参加しています。
より多くの人にこのブログを見てもらえることが、大きな励みになります!
良かったら、是非クリックお願いします◎◎ → 女一人旅ブログ