ダージリンティーをいただくまで。?

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!


【34日目】
寒くて何度も起きたけど、温かくなる朝・昼を利用して、なんだかんだで15時間睡眠。
ここ3日間の疲れが取れました( ´ ▽ ` )
ダージリンの後は、ダージリンからすぐのガントクという町に行きたいんだけれども。
ダージリン・コルカタは西ベンガル州、ガントクはスィッキム州に属するのね。外国人がスィッキム州へ入域するには、入域許可証が必要。

インド東北部は、ネパール・チベット・ミャンマー・中国・ブータン・バングラデシュ・・・と多くの国が近くにあって、すこぶる複雑。ダージリンより北・東の州は、ほとんど外国人の入域を制限しているそう。
スィッキム入域許可証: ダージリン中心地にある外国人登録事務所まで行き、書類を記入、その書類を地方行政事務所まで持っていって、数分後に入域許可証発行となります。

外国人登録事務所のカウンターの隣にいた(ロシア人観光客の入域許可証を代行申請してたどこかのツアー会社の)ネパール人が、一緒に地方行政事務所まで行ってくれるとのことで、迷わず地方行政事務所まで行けました!(=゚ω゚)ノ
「お腹空いたモモ食べたい死ぬ」ってずっと言ってたら、ローカルなお店に連れてってくれた^^
またまたどちらも20ルピー(32円) 安すぎ!


地方行政事務所、昔の英国学校風。
入域許可証はすぐに発行してくれました◎
パスポートにまでスタンプが!
出入国以外で初めてスタンプ押された。
わぁ?なんか嬉しい!

その後、【ハッピー・ヴァレー紅茶園】へ。
地方行政事務所からすぐのところに、ダージリンを代表する紅茶園があります(=゚ω゚)ノ
インドの紅茶の15%がこの地域で生産されてるとか。

ダージリン中心地から2,3km離れているので、
紅茶園からダージリンの町を眺められます!
うーん、いつ見ても素敵。

ファクトリー見学と、テイスティング。
美味しいけど、別に違いとかは分からない。
それがあっちゃんクオリティ。
インド定番の紅茶「チャイ」は全てアッサムなので、ダージリンでチャイを頼むのは邪道らしい(笑)
昨日思いっきりチャイ飲んでたわ。
だってミルクティーの方が好きなんだもーん!



紅茶園まで下った分、
帰りは 坂、坂、坂 ヽ(;▽;)ノ
ぜえぜえ言いながら、中心地まで戻ります。
↓ 崖の上のグラウンドがシュールな学校。


外国人観光客やインド人観光客で賑わう、
おしゃれカフェ 「グレナリーズ」
天気が良い日は、山々を眺められるとか。
ここでやっと、ゆっくりと、あらためて?
ダージリンティー?
外が寒い中、ホッとひとやすみ◎◎


ケーキ頼みすぎた。
ストロベリーケーキ
キャラメルケーキ
アップルマフィン
インドらしくゲロ甘くてすごく美味しかった?

そして、デリーへの鉄道予約。
(てかダージリン~デリー直通があるの知らなかった)
早めに予約しないと全然ゲット出来ないというダージリンからの鉄道チケット。
希望の4日後出発だと、三等ファン寝台はすでに68人待ちでほぼ不可能。
三等A/C寝台なら5人待ちで、ほぼ乗車可能だとのこと。仕方ないのでそれを頼むと・・・
運賃なんと1885ルピー(+手数料100ルピー)
ダージリン?デリーという超長距離とはいえ、A/C寝台高すぎ!!
インドで約3000円の寝台列車・・・さぞかしお金持ちと出会えるんでしょうね?(._.) 笑


ブログランキングに参加しています。
より多くの人にこのブログを見てもらえることが、大きな励みになります!
良かったら、是非クリックお願いします◎◎ → 女一人旅ブログ