ラジャスターンからグジャラートへ

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

【53日目】
ジョードプル、ジャイサルメール、ウダイプル・・・とかなり満喫したラジャスターン州にさよなら!
お次は、西インド・グジャラート州の都市、一行にキチンと名前を覚えられない「アフマダーバード」へ。
ウダイプルから6時間くらいでアフマダーバード着。
グジャラート州の都市だけあって、ほんのり物価の高いこと!人口多いわりにツーリストは少ないので、外国人が和気藹々するゲストハウスやレストランはなし。

インド一の繊維街である、アフマダーバード。
至る所に、生地屋やテイラーがあります。
インドの日暮里といったところかしら!
それにしても、人が多い。


正直、ただの通過点にしか過ぎないアフマダーバード。
でも、一応見ておきたいスポットがありまして。
JAMI MASJID
ジャマー・マスジット
「グジャラート最大のモスク」
今回、「最大のモスク」って何回言った?2回だけ?
毎回、裏切られてるけどね。



うむ・・・
予想通りの 「◎◎最大のモスク」 でした。
(笑)
まあまあ広くて、シンプルで、古い感じ。
やっぱり、オールドデリーのモスク見ちゃうとダメね。
うーむ、女子には物足りない!
そして、このモスクへ行くまでのリクシャで、事件は起こったのです。神聖なモスクへ行く途中に。
値段交渉し、リキシャに乗り、ふと運転手を見ると・・・片手で運転している。
・・・え?(^ω^)
お兄さん??(^ω^)
股間をサワサワしてる??(^ω^)(^ω^)(^ω^)
いやあああああああああ

インドの痴漢談、(特に男子から)なかなか卑猥な話を聞いてたけど、
こんなのよりももっと大胆な話を聞いてたけど、まさか私まで。まじか。
ツーリストの少ない場所で、一人行動。
これはなかなか危ない行為かもしれません。
すぐに飛び降りたけど、コワイので、すぐにホテルに戻って寝ました!!
そんな一日。

【宿メモ】
名前不明
シングル 400ルピー
うわーまたやっちゃったーーー
名前メモするの忘れた。。。駅近くのホテル。
ツーリストが少ない分、全て現地人使用のホテルなので、この値段でやっとマシな部屋を確保できる感じでした。。


気に入らなかったら、さっさと町を出る!旅のコツ。 → 女一人旅ブログ