大理 ~ダ~リ~

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

(6日目)
今日は「大理」へ移動。
日本語で、大理。だいり。
中国語で、大理。ダ~リ。
イカす名前だぜっ(^ω^)
そして、これからシャングリラまで、昆明のホテルで会った日本人の人と一緒に移動することになった(=゚ω゚) 心強し!

大理まで、昆明西バスターミナルから107元。
思ったより安い(^ω^)
移動していくと、だんだん景色が・・・


バスターミナルから遠くに見えた、
かっちょいいお寺。
5時間後、大理に到着。
バスは下関っていうエリアに着くので、そこから更に歩いてバスに乗って、大理古城に着いたのが15時半(^ω^)
ホテルを出たのは8時半。
うん、やっぱり中国では実際の移動時間と予想移動時間とのズレが大きい(._.)
それにしても、じいじとばあばの可愛いこと!!



大理古城。
大理市は、大理ペー族自治州の中心地。
昔インドとの交易路として栄えた、古い街並みが素敵なペー族の居住エリアらしい。
大理古城は、バックパッカーの好きな街~アジア編~のベスト5に入るとか。(どこかの個人サイト調べ。笑)
くう~テンション上がるぜ!(=゚ω゚)

だから、じいじとばあばが可愛いんだってば。ペー族も漢民族もみんな違ってみんなかわゆい。



大理やべえええええ
めっさ良い!
THE・みんなが憧れる中国
って感じの街並み。
何より気に入ったのが、お洒落なのに、
あんまり外国人に媚ってないところ。
立ち並ぶチャイニーズシャレオツカフェ&レストランたち。中国人が中国人(観光客)のために、中華的お洒落センスで、独自に、店を並べた感じ。
そう、中国ってそういうところ。
人口が多過ぎて、外国人観光客の利益なんて、アリみたいなもの。

東南アジアでは、外国人観光客が大事な収入源だから、(こういう歴史的かつお洒落エリアは特に) まあ媚びりまくり。笑
中国では、中国のセンスを見れた気がする。
英語表記無いし!英語通じねえし!!
愛想ねえし!!!!
だが、それがいい(^ω^)

晩ごはん。
【益恒飯店】
ペー族料理店。
豚肉を梅で煮込んだ(!)お料理、野菜炒め。
名物の「焼乳扇」(ルーシャン)は、焼チーズみたいな感じ。
お砂糖をつけて食べる。ちょー美味しい!好き!



大理の夕日。
夕日が山に隠れて、
漏れた光が雲に反射して、
光のベールみたいになって、
すごく神秘的!!

大理、かなり気に入りました。愛しのダ~リ~。
いよいよ本格的に旅が始まったんだと、強く実感しております!

【宿メモ】
春夏秋冬青年旅舎
男女別ドミトリー 35元 (470円)
まあ普通に清潔な宿。
Wifiがバリバリなので嬉しい(^ω^)
フリースペース・ビリヤード・物干しコーナーなど、地味に充実してるの!
かといって、夜うるさくないのが良い。

よし!明日は一日、大理を満喫するぜ~~~~~(=゚ω゚)ノ★

ブログランキングに参加しています。
より沢山の人に見てもらえると、旅もブログもやる気が出ます**
良かったら是非クリックお願いします♪ → 女一人旅ブログ