旅の素晴らしさって。【コムローイ祭り】

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

【21日目】
朝ごはん。
チェンマイは、外国人向けのお洒落なレストランが多いんだけど、どれも高過ぎるので、ちょっとした裏路地にあるご飯屋さんで節約。
浮いた分でデザート食べたいからね◎笑
豚のバジル炒め
30B(80円)

デザートに「マンゴーカオニャオ」
もち米と甘いシロップとマンゴーを一緒にいただくという、若干きもちわるいデザートに挑戦。
うむ、がんばったけど、
やっぱちょっときもちわるかった(笑)
40B(110円)

そして、今日は待ちに待った、コムローイ祭り
早め早めに、14時頃チェンマイ出発。
旅で知り合った人の友達の友達やその友達で、合計17人の団体となりました(・Д・)!
ソンテウを二台貸し切って、会場へ。

【ロイクラトン】
タイでは、毎年陰暦12月(新暦10月?11月頃)の満月の夜、川の恵みへの感謝の気持ちを表し、自らに宿る穢れを濯ぐため、ロウソク、線香、花などで美しく飾られたたくさんのクラトン(灯篭)を川に流す「ロイクラトン」と呼ばれるお祭りが全国各地で行われます。
(タイ国政府観光庁HPより)
【コムローイ】
コムローイ祭りは、チェンマイで開催される「ロイクラトン」の熱気球バージョンみたいなもの。メージョー大学で開催するものが最も大規模で、外国人にも大人気。
天使だ~~~~



コムローイを飛ばす会場と、コムローイ作りをがんばるタイの人たち。
コムローイは、一つ100バーツで買えます。

祈りをささげる人たち。
少数民族ブースみたいなのもあります。

沢山のタイ人が、この祭りのために働いてます。

変なTシャツを着たイケメン観光客、発見!!
(たぶんタイの人じゃなかった。この整った顔、色白のフィリピン人とか?)



コムローイの打ち上げは、20時。
18時頃になると、もう広場は人でいっぱい!!
19時頃、お坊さんたちが集まる。
現地の人たちはみんな祈りを捧げる。

いよいよ、という感じ。

スタッフがそれぞれ火をつける。

みんなコムローイを用意し始める。


コムローイの先に火を当てて、空気を熱して、いよいよ・・・
20時ちょうど、一気に、空にコムローイを放つ。


風向きに従って、みんな同じ方向に流れていく。
先に放ったコムローイがどんどん小さくなっていって、空は満天の星空のようになっていく。

写真を撮りながら、また新しいコムローイを温める。
みんな大忙し。


綺麗すぎて、感情が高ぶって、
意味も無く、ちょっと涙が出そうになった。
(※ 垂れてはいません。笑)

ただ「綺麗」ってだけなのに、
余計なことは何も考えてないのに、
(例えば、旅の道のりだとか苦しかった事とか日本での思い出とか家族の事とか友達の事とかありがちな涙話だとか)
別に、感極まることは何ひとつ頭にないのに、
ただ「綺麗」ってだけで、涙が出そうになる。
これって、すごくない??
この感じは、滅多に経験できないと思う。
少なくとも私は、旅でしか経験したことがない。

「悲しい」とか「悔しい」とか「嬉しい」とか、感極まる理由は大体いつも同じで、
ただ「綺麗」で、それにただ「感動」して、それだけで感情が最高に高ぶる。
これは、旅中で最高の風景と出会うことでしか味わえない経験だと、今は思ってる。
(これから先は、分からないけど^^)


「旅」の素晴らしさを改めて実感した、そんな素敵な夜でした。


この先、ちょっぴり長い旅になります。
より多くの人にこのブログを見てもらえることが、大きな励みになります!
良かったら、是非クリックお願いします◎◎ → 女一人旅ブログ