負の面も見なきゃいけない時がある。?

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

(8日目)
今日は、大理から麗江(れいこう)へ移動!
麗江は、大理と同じく、古い街並み・麗江古城がウリの場所。(世界遺産)
途中の道。い、田舎!
スイスイと山を登っていくバス。
このまま順調に走れば早く着くかも~(^ω^)
・・・なんて思ってたら、急に渋滞出現。

何かと思ったら、交通事故だったようです。
倒れた農業用バイクが、道の真ん中に。
全身を綺麗に毛布でくるまれた人が、横になって、道の端に。
・・・もう亡くなってしまった様子。

たぶん、日本にいる時よりも、海外にいる時の方が、こういう場面に出くわしやすいと思う。
モンゴルのテレルジ~ウランバートル移動中に道路で見た、交通事故の現場を思い出した。
運転座席にいる女の人の頭と顔は血だらけで、寝てるように、死んでた。
警察も救急車も、まだ何も、来てなかった。
今回もそう。
周囲にいた人たちが集ってただけで、公安も救急車もまだいなかった。
ただ、丁寧に毛布でくるまれてた。
なんだかなー と、 思う。
車やバイクの普及スピードについていけない、道路の設備だとか、警察・救急車の数だとか、緊急時の対応能力だとか、運転者の知識だとか、
私たちは、色んな国を旅する度に、アジアなんて特に、
「自然が多くて良い」 「のどかで良い」 「何も無くて良い」 「テキトーで良い」 って、
色んなことを、日本と比較して、感動して、羨ましさを感じたりすることだってあると思うんだけど、
こういう現場に遭遇すると、さすがに、大きな 「負」 を感じる。
「これが日本だったら、もっと・・・」って、いつも思う。
もちろん、日本だって完璧ではないかもれないけど。
厚い毛布の上からでも分かる、先まで伸びた足の形が頭に焼き付いて、
なんだか、心がズーンってなった。
モヤモヤしたまま、バスに揺られる。
モヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤ

そんなこんなで、麗江到着。
気持ちを切り替えませう(^ω^)
世界遺産の麗江古城。
ペー族の歴史ある街・大理古城とはまた変わり、麗江古城はナシ族の街だったそうな。


「麗江は、観光地化がすごい。」
「人が多い。」
「大理の方が、観光地化がそこまで進んでない。」
なんて、沢山の人にそう言われて、
ここまで来たんだけども、
確かに、観光地観光地してる。
古城入口にマックがあったのにはビビった。


でも、とっても素敵。
確かに人が多くて物価が高いのがアレだけど、街並みは古くからの街そのものだし、魅力的。

しかし、迷う!!!!
人気の安宿へ辿り着くまで30分くらいかかった。。
【ナシママゲストハウス】
ゲストハウスという名のつく客桟(中国の安宿)なので、外国人バックパッカーに大人気。
チェックインするとバナナくれて、動物みたいに頬張った。たぶん迷って疲れてる外国人が多いから?笑



古城をぶらぶら。
天気が良くて、
でも大理よりさらに寒くて、
ちょっと風邪引いちゃいそう。
でもでも目指す次の街シャングリラはもっと寒い!
横浜育ちの甘ったれた娘は、この寒さに耐えられるのでしょーか。


古城を見下ろせる寺があるとのことで、
目指して登ってみました。
そしたらね、途中にあるカフェが・・・!!
最高の景色を眺められるのです。
上から見下ろした麗江古城は最高でした。
味があって、「中国にしかない良さ」を感じたポイント。


さらに登って、
寺院から麗江古城を見下ろしてみる。
うーん、素敵!



大竹さん、合成写真みたい。


夜の大理古城も、また素敵。
あーあ、
恋人とかいればなあああああ!
ま、いたら一人旅なんかしないけどね。
(笑)
明日は、ちょっと郊外まで足を伸ばしてみます(^^)/

【宿メモ】
???西客?
(Mama’s Naxi Guest House)
ドミトリー 35元(470円)
ナシ族ママ経営のアットホームな客桟。
外国人に大人気。ママがパワフルでうちのおかんみたい。パパは超可愛い。
20元で食べれるご飯は激ウマです!

今日は、結構モヤモヤしたなあ。
でも、こうやって「負」を感じる事こそ、大きな経験なんだとも思う。
楽しいことばっかりじゃないから、旅は楽しいのかもれない。
なんてね (^_^)/

ブログランキングに参加しています。
より沢山の人に見てもらえると、旅もブログもやる気が出ます**
良かったら是非クリックお願いします♪ → 女一人旅ブログ