5日目 中国・二連浩特~モンゴル・ザミーンウード

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

このおもしろさ、日本人にしか分からないんだろうなあ。

さすが大平原!恐竜もいました(^-^)
6時頃、二連浩特に到着。
国境へ行くタクシーやらジープに誘われるも、イミグレが開くのは9時なので、バックパッカー3人と座って待つことにしました。
いま思えばここですぐにジープに乗らなかったのが間違えだった(;_;)
もうつかれたよ!悲惨な結末ですわ
でももう意味わかんなすぎて面白かった!!
写真撮りまくったので、ダイジェスト版でどうぞ。
8時頃、ジープ探しはじめる。
言葉が通じなさすぎて笑う。
謎の女タクシードライバー現る。
(自分はモンゴルのザミーンウードまで行けると主張)
国境前で降ろされる。
(ドイツ人激怒。フランス人同情で10元渡す)
ジープを探す。
もめる。
ジープを探す。
乗る。
降ろされる。
(この左の人に引きずり降ろされた!)
荷物を拾う。
もめる。
つまる。
責任者に抗議する。
ジープを探してもらう。
乗る。
(というか積まれる。荷物置場に。)
中国側イミグレ到着。
モンゴル入国。ザミーンウード到着。
ってな感じでした(^^)
みんな怖すぎて笑った。そして欧米バックパッカーいなかったら死んでた。
けっきょく女の人に引きずり降ろされたせいでドイツ人女性のズボンの裾が破けて激怒。
中国イミグレの責任者(英語ペラペラ)に抗議してジープ見つけてもらって、出国税5元ナシにしてもらった。
ジープは相場の80元。けっこーイタイ(>_<) あ、ビザなしは特に問題なく大丈夫でした(^-^)y 6時に二連着いたのに、ザミーンウードに着いたのは11時過ぎ。 そしてザミーンウード駅のチケット売り場に行くも、 『今日のチケット完売。』 (;_;) 直前で席空くこともあるから、彼女らは電車くるまで待つらしいけど。 でもわたしにそんな体力ない。 あのゴタゴタがなければなあ~~~疲れたよもう!


ザミーンウード。
炎天下の中ビリヤードするモンゴリアン。
タトゥー入れてる人が多いモンゴリアン。
英語が通じないモンゴリアン。
たいてい態度がデカいモンゴリアン。
太ってる人みんな朝青龍に見えるモンゴリアン。
女子のおだんご率高くて余計お相撲さんに見えちゃうモンゴリアーノ。
旅のしにくさ、中国<モンゴル。
英語が通じなくてバックパッカー少なくてWi-Fiとんでなくて安宿少なくて広ーい広ーい中国をも超える!
やっぱり中国は漢字があるから何とかなる。
しかもある程度バスとか電車とか最新システム導入されてるし。(北京だったから?)
ここさ、チケット売り場お姉さん1人で、一回一回手打ちなの。
完売って知るまで1時間かかった。。
しかもホテル高いのしかなくて2000円^^^^
うわーーーーーーーーーーーん
高級ホテルってのはね、
「今日はリッチに!」と、
「安宿ないから仕方なく・・・」
じゃぜんぜん違うんだよーーーー!!!

もう疲れたようー!!(T ^ T)
早くインドネパールいきたいーーー
いっぱいバックパッカーいそうだもんー
正直、サミシイノワタシ。





でも異国感はんぱなくてオモシロイ。砂漠だから?
自分が何を基準として『異国感』を感じてるのか全く分からないんだけど、なんかここ、すごく違う世界にいる気がしちゃうの。


ごはん!けっこーおいしかった!
あとから調べたら『ゴリルタイ・シュル』ってお料理でした。
お肉と小麦うどんみたいな。
なんかお肉ミルキーだった。
乳臭いっていうのかな?笑
2000Tg(140円)