6日目 モンゴル・ザミーンウード~ウランバートル

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

7時からチケット売り場がオープンするので6時50分くらいに駅前へ。


なんじゃこりゃ^^^^
現地人は2時から並ぶらしい。笑
警備員が何人かいて、並ばず入ろうとする者あらばスタンガンの刑でございます。ひえー
それでも中で割り込もうとする奴らがたくさん。しかも窓口3人。

そんなストレスと戦いながらの2時間半後…
チケットGETしました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
まじ泣きそうになったよ!
しかもホテルがパスポート保持してるの忘れてて、並び直したらチケット買えないとこだった。
(名前とパスポートナンバーで許してくれた)

しかもしかも変なおばちゃんに割り込まれそうになって戦った!ゆずらなかったよ!がんばった!けっこー引っぱだかれたけど!
全員が全員じゃないけどモンゴル人まじで暴力的だからね。笑
いやー国民性は中国なんかよりもずっと厄介だよ )^o^(
← わが道をゆく牛さん。
ごはん。3000Tg(180円)
メニューのはほとんどないからサイコロの牛肉かミンチにしろって。
これだけあって二択ですか。笑
列車の出発が17:35。
ザミーンウードは、列車の時間に合わせてか、ほとんどのホテルのチェックアウトが16時なのです。
ギリギリまでホテルいて、買い出しして、列車乗り込み!


みんな荷物がすごい。
四人席のコンパートメント。やっぱこれ一等なのかな?
寝台なら二等でもよかったんだけどね、
一等、二等のモンゴル語がわかんなくて(;_;)
モンゴル語でベッドって書いたの見せてチケット買ったらこれだった。
指で『2』ってやって、2人分とかなっちゃったらヤダからさ(・⊥・)
発車して1分くらいでこの景色。
15分もすれば動物やゲルも見えてくる!

ベッドのマットひくのめんどくさくて放置してたら、
愛想席のお母さんに、
『あんたこれひかないとダメじゃない!硬くて寝れないわよ!』
みたいなこと言われた(想像翻訳)
えーいいよ。。って一回反発したのに強制的にひかされた。
まるであたしとお母さん。笑