38日目 インド・バナラシ

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!


なんかパレードみたいなのやってたから写真とってたら・・・
1人の子供に捕まり 『写真とって!』
友達を呼ばれ、子供が増え、
たくさん撮るはめに。。笑
おねーさんね、きみのモロ真後ろでやってるパレードが撮りたかったんだけどね、ご存知ないですかね!?笑


最終的にはパレードのおっさんたちも 『写真とってくれ。』
まあみんな楽しそうで何よりでした^^
今日もお買い物、えへ ??
サリーと並ぶ、インド女性の定番服・パンジャビ。
派手でわりとぴったりしたチュニックみたいなやつ。
まあ日本では着れません。完全ノリですね。
柄がめちゃくちゃ可愛かったから2色買っちゃった*
ただ、こんなに暑いのに長袖はむり。
言ってみたら袖カットが無料らしく。胸元が開いてるからそこにカットした布をあててもらうことに。(20ルピー)

『これから仕立て屋に出すから、2時には出来上がるよ。』
 ↓
さすが、融通きくー!^^ と喜ぶ。
 ↓
2時に取りにいく。
 ↓
『行きつけの仕立て屋が日曜日休みだったの忘れてた。明日きて。ごめん。』
なんだってえええ? 明日もうバナラシいないし! 袖カットできるって言ったから買ったのに!
それに加えて 『ごめんよ。でもここは日本じゃない、インドなんだよ。』 なんて言われたから余計激怒。
こういうのはキライ! こういうのは違うと思うんだよ!
中学校の先生みたいに説教が始まる。こういう時だけ英語がスラスラ出てくる。笑
結局、店番の少年と一緒に、別の仕立て屋さんに仕立ててもらいにいった。
その後もぷんすかぷんすかしてたら、少年にそんなに怒らないでよって言われた。笑
そして自分の方が服のたたみ方うまいだの、ずっと少年とバトルしてた。あたし本当に20代なのか…?
↓ 袖はいいけど胸元ゆがんでるー!
あたしがやった方が絶対上手いもんっ( `ω´)=3
って思うけど、まあ40円ならこっちを選ぶね。笑
さて、インドでのバングルの買い方をご紹介したいとおもいます(・u・)/*
インドでは、バングル、ネックレス、ピアス、リング、トゥリングなどなど…女性の装飾はすさまじい。
お店はどこにでもあって、とくにバングルは種類が豊富。見てるだけで楽しめます?
まずはお店に入って『ナマステー』
しつこくされたくなかったら
『just looking.』と一言そえましょう。
◎合わせたい服を持っていく
◎合わせたい他のバングルを持っていく
◎好きな色を伝える
などなど、色々要望を言えば、店員さんが勝手に合わせてくれるよ(^-^)/
←↓ 緑のパンジャビに合わせてもらいました。
うん、けっこーかわいい!
バングルは基本的に片腕6本・計12本。もちろんバラでもOK^^わたしはいつも片腕6本で買ってます。
インド女性はきっちり両腕につけてます。こんな感じできっちり順番をそろえて身につけるのもインド流。
ラメもの(ラメが腕につく)で曲がっちゃうようなチープなものから、しっかりしたものまで色々。
12本20~50ルピー(35~90円)で買えるものもあれば、
わりとちゃんとしたやつなら100~150ルピー(175円~260円)くらい。
高級なお店にはもっと高くて素敵なのがあって、みなさまカップルで選びにきてます。
そしてなぜかバナラシのおっさんたちは、一度気に入ってくれるとかなり良くしてくれる。
安くしてくれる上におまけもつけてくれるよー^^
パンジャビ買ったとこではストール、
パンツ買ったとこではピアス、
バングル屋さんはバングル1セットくれた??
(しかもゲストハウス一緒の女の子もいたから、その子たちにもプレゼントさせた。笑)
ま、たぶん女だからだけど。笑
※若い男は、交際・結婚・マッサージなどを要求してくるので丁寧にお断りしておまけだけ奪い去りましょう。
黒のパンジャビには、黒のごついバングルと、シンプルなゴールドのバングルを組み合わせました?
黒の方は、バングルの形自体はしっかりしてるけど表面はぽろぽろラメなので50ルピー。
ゴールドの方は、ラメなしで形も綺麗なので、70ルピー。日本帰っても使えそう!
以上、あきょぶろお買い物レポートinインドでした。・・・あたし、何やってんだ。