42日目 マレーシア・クアラルンプール

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!

最後の結末はおいといて、携帯にメモしてた日記のままお送りします(^^)/笑
最終日は、クアラルンプールで一番見たかったブルーモスクに行くことにした!
普通にホテルから1時間半かかった(^^;)
出発したのが9時。ホテル戻って12時くらいには空港向かわないとガチで飛行機間に合わないのに、かなりやばい。。
しかもマレーシアの電車、ぜんぶ窓口で切符買う式だからたいへん!
しかも昨日クアラブスッにサンダル置いてきたみたいで、昨日の買い物からずっとビーサン。足いたーい
ブルーモスク(スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク)名前ながいです。
入口から離れたところで受付を済ませて、ツーリストカードを作って、スカーフをかぶらないと中に入れないらしく、とてもそんな時間はないので外装だけ(;_;)
しかも駅戻ったら…次の電車が30分後。
そんなだったらモスクの中入ってたのにー/(^^)\
というか飛行機まじで間に合うのか

ここまでが携帯にメモしてたリアルタイムな日記。笑
そのあと、急いでホテルに戻って、KLセントラル駅まで来て、劇的に気付いたの。
エアアジア、ターミナルちがうんだった(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
すっかり忘れてた/(^o^)\
普通のターミナルなら電車で28分でいけるから、なんとか間に合うだろうって思ってた。
ちょうどエアアジアのKLセントラル~LCCターミナルのバスがあって、聞いたら1時間かかるとのこと。
エアポートレイルのカウンターに聞いたら、55分かかるとのこと。
どっちも間に合わねーーー/(^o^)\
エアアジアのチェックイン期限が45分前。間に合わないけども40分前くらいには着く(>_<)! きっと大丈夫だと信じて、とりあえず電車に乗ってみた。 このLCCトランジット、最後は結局シャトルバスに乗り換えてターミナルにいくっていう。 最初は大丈夫だろうって信じてたけど、シャトルバスに乗ってから間に合わないのが現実的になってきて、涙があふれてきてしまいました(^o^)(^o^)(^o^) そしたら近くに座ってた男の子がめちゃくちゃ心配してくれて「大丈夫だよ」って落ち着かせてくれて。 そんな優しさに Nooo I miss my flight~ってさらに号泣しちゃって、めっちゃ困ってた(^^;)ゴメンナサイ ターミナルに着いたら「こっちこっち」って案内してくれて。 で、エアアジアのカウンターに行ったら、、 「ごめんなさい、もう締め切りました。」 号泣してプリーズ連呼。荷物預けないだの、まだ時間があるだの、色々言ってみたけど。。 従業員が集まってきて、無線でどっかに確認するもダメだったみたいで、申し訳なさそうに「I am sorry.」 チェックインも完全にコンピュータで操作してるから、従業員が変更できるようなものじゃないみたい。 そりゃそうだよね(x_x) 格安航空だからもっと冷たくされると思ったら、みんなめちゃくちゃ親身になってくれて余計悲しくなってきた(;_;) しかもAir Asia Xのチェックイン締め切りは1時間前だったらしい。45分前はあくまでAir Asiaの締め切り。 もう完全なるあたしのミスじゃん/(^o^)\ 仮に普通のターミナルだったとしても間に合わなかったかも。 ほんと最後の最後、気ぃ抜いたーおばかさんですホント。 たかが13000円。一生日本に帰れないわけでも何でもないのに、くやしすぎて号泣した(;_;) で、ずっと隣にいてくれた男の子。 ずっとマレーシアの子かと思ってたら、タイ人の16歳(!)の高校生で、4年前からKLで勉強してるらしい。 友達を迎えにきただけで時間があるから、マックでも食べよ?って。 何度も遠慮したのに、勝手に買ってきてくれた(;_;) 優しい上に、スキニーの似合うおしゃれなイケメン。それでいて4歳も年下(゜゜) 良からぬことを考えてるんじゃと思いきや、軽やかに「気をつけてね」って去っていった。 もうお姉さんキュンキュン(´・ω・`) この旅で一番こころ奪われたわ。笑 エアアジアのカウンターに戻って、あらためて新しいチケット探し。みんなめっちゃ優しくて大好き(>_<) 結局、明後日の21日発が680RM(18700円)らしくそれに決定。 もう帰る気満々だったし、この件で精神的にかなりやられたから、下手な延長はやめといた…笑 てか地震の影響もあって羽田線すかすからしいよ(゜゜)
結局KLセントラル駅に戻ったんだけど、、
なぜか 劇的な腹痛と吐き気。
お酒飲んでないのに吐き気ってなんだ(゜゜;)
もう歩くのも無理で、タクシーで同じホテル行った>< こんなにかよわかったっけわたし?笑 ホテルからはムカつくくらい素敵な夜景。 きらっきらのKLタワーとペトロナスツインタワーがなんか切なかった。笑