44日目 ネパール・ポカラ~カトマンズ

▼キレイモで「ハンド脱毛」無料体験中!


ついに来ました、ネパールの首都・カトマンズ!
今日一日を一言で表すなら、確実に『でんじゃらすデー』


朝7:30にポカラ出発!
ツーリストバスっていっても400円なので、半分くらい現地人です。
やっぱりネパールヌードル好きだわああ
カトマンズに着いたのは15:00。
もはや7時間移動とか楽に感じすぎてやばい。


いまさら、ホテルの客引きは相当便利だということに気がつきました。
バイクだったらタダで市内いけるし、歩きでも(わがまま言えば)荷物もってくれるし。
とにかく方向音痴で市内までたどり着けない私には、かなり助かる!
とりあえず客引きにのって市内まで行き、部屋決めるか断って、他を探すのがベストかと。笑
安宿・外国人街のタメル地区。もろカオサン。笑
かなりの外国人でにぎわってるので、けっこー雰囲気いいかんじです。

そして事件は起こった。
たぶん今までで一番怒ったと思う。
地球の歩き方にも載ってる「カンサーGH」
とある若い従業員が、周りに聞こえないようにわざわざ紙に「Give me tip.」と書いて渡してきた上に、部屋代に含まれてるはずのTAX10%を不正に徴収してきたの。(あとから気付いた)
なにがむかついたって、問い詰めたときの言い訳が「Just jork.」
いやいやいやTAXの不正徴収はジョークじゃ済まされないでしょ^^^^
そこらへんのリクシャーにやられたならまだしも、わりとちゃんとしたホテルの従業員。
しかも「ボスと伝える」って言った瞬間、もうてんぱっててんぱって仕方ない様子。それがまた頭にくる。
引かれそうだから詳しくは書かないけど・・・まあー怒りました。笑
「本当にすみませんでした。もう二度としません。」という言葉を聞けたと思ったら、
「ボスには伝えないでください、お願いします。」
他の従業員やらマネージャー4人くらい集まってきたけど、みんなボスに電話をかけさせてくれない。
そんな奴かばってる場合じゃないだろー!
まあ結局もめてもめて、ボスに電話したのち、マネージャーに謝罪状もらった。笑
でもボスもマネージャーも全然責任感じてる様子がなかった(´・ω・`)
「すでに君にはディスカウントしたから充分安い。」とか言われた。話の根本ずれてるし。
しまいには電話ブチって切られた・・・
若い従業員一人だけが起こしたことならまだしも、全体がこんな感じのGHは良くないね(´・_・`)
ボスの奥さん日本人らしいからちょっと可哀相な気もするけど、地球の歩き方に報告する`ω´
最後、若い従業員にちゃんと言ってやった(`・ω・´)
「来年の日本のガイドブックにはこのホテル載らなくなるからね、お前のせいで。」

騙されそうになることはよくあるけど、実際に騙されてあとから気付いたのは初めてだったから、めっちゃムカついたし悲しかった!!
ネパールとインドを比較してネパール優しいだの治安良いだの、そんな話ばっかり聞いてたから気が抜けてたのかな。
ムカつきすぎて、そこらへんのおっさんたちに愚痴る。「ネパールなんて、大っ嫌い!!(;_;)インド帰りたい!!」←日本ではない

でも人生とは不思議なもので、こんな事があったあと、すぐに奇跡が起こるのです。
おじさんたちになぐさめられて、
「ありがと。じゃ…」って歩きはじめた30秒後・・・
バナラシ~スノウリのバスが一緒だった、
フランス人のジュリアンに遭遇!!

実はジュリアン、ブログに書こうか迷ったくらい、気になってたのです。(そういう意味ではないけど)
うわー絶対こいつおもしろい!!!!みたいな。
でも私以外みんなフランスorスペインだった上に、みんなカトマンズ行き。
結局その時はほとんどしゃべれなかったけど、
ポカラにいた時「カトマンズまだいるかなー会えないかなー」なんて思ってたら、本当に遇った!!
まあバックパッカー街で再会なんてよくあることだけど、
ネパールに傷付きまくってたこのタイミング、まじで奇跡としか言いようがない。

ジュリアンはネパール人と一緒にいたから、最初は3人でカフェでしゃべってたんだけど、
このネパール人がくっそ不愉快な野郎でして。
「お前らは何人恋人がいるんだ?」
「日本人の女はネパール人が好きだ。」
「日本では、女は若くないとモテないらしいな。でも大人のほうがセックスが上手いだろ。」
「日本人とやったことあるか?穴が小さいらしいぞ。」
結婚までぶっとぶインドよりも、もろセックス寄りの勘違いネパール、こっちの方が頭くる。
「俺はまだ日本人とやったことがないけど、これから知り合いをつくってぜひトライしたいね。」
普通にキモイ小太りのちびオヤジなのに、よくそんなことが言えますね。
ハッキリ「いやお前じゃ絶対むりだから。」って言ったら「Why?」って言われた。いや、自覚して。
実際に、ネパール人と交際してる、または遊んでる日本人はいるようだけど、
それはちゃんと愛し合って真面目な交際をしてるか、またはかっこいいネパール人おんりーだろうが!!
いつも思うんだけどさ、日本人はインド人好きらしいとかさ、ネパール人好きとかさ、
実際に交際してる人がいるから妄想にかられるのは分かるけどさ、
別にインド人/ネパール人だから~じゃなくて、みんな単純にかっこいい人・素敵な人が好きで、それがたまたま外国人だっただけ。
もし遊びで付き合ったとしてもそんなの絶対に「イケメンに限る」っていうの、なんで分かんないかな?
「今日俺の身内がコンサートをやるんだが来ないか?」 絶対いかねーし!
でもジュリアンはいっちゃうのかなーって思ってたら「今日は友達と約束があるからたぶん行けないなー」
で、そいつとバイバイ。
ジュリアンにごはん食べいく?って言われて、「でも友達と約束してるんでしょ。」って言ったら、
「え、予定なんてないよ。僕は自由人間だからね。」
ああああああああ ジュリアンお前すきだわあああああ
もう本当にジュリアンの魅力は言葉で表せられない!!まっっっっっっじでオモシロイ。
話面白いし、フランクで、やることぶっとんでて・・・
言葉の壁があるのに、こんなに外国人に魅かれたのは初めて。貴重な出会い。
結局そのあと4件ハシゴした。計5店。笑


夜中まで遊んでたから、ちょくちょく危ない目に遇いました。。
くすりちょーしつこく押し付けてくるおっさんなんかまだ良かった。
人の少ない道をリクシャー乗ってたら、子供3人組が追いかけてきて、マネーマネーって。
ただの悪ガキではなく、たぶんストリートチルドレン。
物乞いされる感じとはまったく違う。 勢いがすさまじい。
リクシャー遅いから逃げ切れなくて、ついにはリクシャー掴まれ停められ、マネーマネー。
さすがに暴力はなかったし、普通にリクシャーのおっさんが追い払って帰ろうとしたんだけど。
そしたらね、、、胸さわられたあああああああ!!!!!
一番大きい13歳くらいの子に思いっきり触られたああああああむかつくうううう!!!!
外国人セクハラ大国・インドでも、若干おなかとか二の腕触れたりしたけど、一番ひどくてひじで胸さらっと触られたくらい。かなり逃げ切れたほうだったのに。
こんなにもろ触られるなんて悔しくて悔し・・だあああああああああああああ!!!!!
まあそれは何とか忘れて、ジュリアンのおかげでとっても楽しい1日になりました?
彼は明日ヒッチハイクでポカラまで行くそうです。せめてローカルバスでいいじゃんね。笑
そして今日は色々とでんじゃらすだった、ほんと。
ま、少しの危険があるから楽しいんだよね。
楽しかったのとムカついたので感情爆発。
おかげで今日のブログ・・・ひどいなこれ。笑